認印

認印比較ランキング※最適な印鑑の選び方

認印選びに役立つ基礎知識や選び方などを詳しく紹介しています。

( 更新日:2017/12/13)

おすすめの認印を詳しくご紹介!

認印は、署名代わりとして使用される日本社会では広く浸透した道具です。

実印や銀行印に使用される高級な印鑑から、日常生活で役立つシャチハタや三文判に至まで、様々な種類の印鑑の選び方や基礎知識を詳しく解説しています。

また、質の高い認印を手頃な価格で作成できる人気の高いおすすめの印鑑通販サイトを紹介しています。

比較やランキング形式で紹介しているので、印鑑選びの参考にして下さい。

認印作成におすすめのネット通販サイト

ランキング1位 はんこプレミアム
はんこプレミアム

はんこプレミアムは、プロの職人が印材選びから彫刻まで全て担っている質の高い印鑑を手に入れられると評判の通販サイトです。広告宣伝を控えてネット販売に注力することで、業界屈指の低価格で質の高い認印を作成することが可能です。元々は印材卸売業者だったので、印材の品質にはこだわっています。

詳細お申し込みはこちら
口コミ・評判 特徴 送料
高品質の印鑑を業界屈指の低価格で販売 5400円以上で無料
ランキング2位 ハンコマン
ハンコマン

ハンコマンは、良質のA級印材のみを使用し、職人が一つ一つ丁寧に作りこんだ印鑑が魅力の通販サイトです。質の高い印材を使用しながらも低価格で認印を作成できると定評があります。また、翌日発送はもちろん、メール便も可能なので、5400円以上購入しなくても、送料170円から利用できるのが魅力です。

詳細お申し込みはこちら
口コミ・評判 特徴 送料
メール便が利用可能だから送料170円とお買い得 5400円以上で無料
ランキング3位 ハンコヤドットコム
ハンコヤドットコム

ハンコヤドットコムは、年間出荷実績は240万件を超えている認印のネット通販ショップではNo.1の実績を誇っています。お客様第一主義を掲げて高品質の印鑑を魅力的なお値段かつスピーディに提供しています。「一級印刻師の監修を受けているので品質は高いです。

詳細お申し込みはこちら
口コミ・評判 特徴 送料
年間出荷実績24万件以上の印鑑ネット販売No.1 5400円以上で無料
ランキング4位 平安堂
平安堂

平安堂は、関東に60店舗を展開する印鑑専門店です。十店舗があるので、店頭による受取を選択すれば購入価格が10,000円を超えなくても送料が無料となります。高級印材のラインナップが充実しているだけでなく、数々の賞を受賞している職人が手掛ける手彫り印鑑が購入できるなど、ワンランク上の印鑑を作ることができます。日常使いはもちろん、プレゼントなどにも最適です。

詳細お申し込みはこちら
口コミ・評判 特徴 送料
数々の賞を受賞した職人による手彫り印鑑が購入可能 10000円以上で無料
ランキング5位 いいはんこやどっとこむ
いいはんこやどっとこむ

いいはんこやどっとこむは、利用者からの満足度が高く、5年連続満足度90%以上の評価を得ている認印のネット通販サイトです。全国70%以上の地域で翌日午前中に配達可能なスピード出荷が魅力です。また、個人にも卸売価格で印鑑を販売しているので、質の高い認印を安い価格で手に入れることが可能です。

詳細お申し込みはこちら
口コミ・評判 特徴 送料
お客様満足度を5年連続90%以上キープ 5000円以上で無料

印鑑通販ショップで購入するメリット・デメリット

印鑑通販ショップで購入するメリット・デメリット

認印を作成する際は印鑑ショップに足を運んで作成することが一般的でしたが、現在は通販サイトから購入する人が増えています。

賃料や人員をカットできる分、ネット通販なら店舗で作成するよりも割安価格で認印が購入できます。

また、取り扱っている印材の種類も豊富なので、貴重な印材を利用して自分だけのオリジナル印鑑も作成可能です。

ただし、店舗のように現物を実際に手に取って印材の艶や質感を確認でいない欠点がネット通販ではつきものです。

そこで、字体に関しては印鑑通販サイトでは印影プレビューを設けて、作成前にデザインを確認・修正できるサービスを行っています。

10年長期保証なども設けて、彫り直しなど品質保証にも努めているため質の高い印鑑をできるだけ安く購入したい人には通販ショップがおすすめです。

通販ショップで購入する際の流れ

認印を実店舗ではなくインターネットの通販ショップで購入する際、初めての方は不安に感じているかもしれません。

しかし、最近では、印影プレビュー機能を搭載しており購入前に印影のイメージを確認できる通販ショップや、購入後の無料返品交換に対応することで購入前のイメージと違っても安心できる通販ショップが増えています。

ですので、実物を確認しなくても自分が持っていたイメージ通りの認印を購入することは難しくありません。

通販ショップで購入する場合、既製品はそのまま購入手続きに進むだけですが、オーダーメイドの場合は、印鑑に使う素材を選び、印面の書体を選択する必要があります。

まずは、数ある素材の中からアドバイスに従って用途ごとの最適な素材を選びましょう。

次に書体に関しても読みやすい書体からセキュリティ生の高い書体までさまざまですので、用途に合わせたものを選びます。

購入画面では、納期や支払い方法を確認できるので、問題が無ければ、クレジットカード払い・代引き・銀行振込といった方法から購入可能です。

通販ショップで購入する際の流れ

プレビュー機能とは

プレビュー機能とは、認印などの印鑑の陰影を通販ショップで注文する前に確認することができる機能です。

プレビュー機能は、ショップによって注文前・注文後の2種類のタイミングに分かれますが、おすすめは注文前に確認できる機能です。

入力した名前の書体と文字配置を自動調節し、認印の印影の出来上がりを購入前に確認できるので、様々な書体を用いながら自分の名前に最適なデザインを見つけることが可能です

これなら、実際の印鑑を手に取って確認できなくても大体の完成形をイメージできるので、商品が届いて後悔するといったリスクを回避できます。

注文後に選択した書体で出来上がりのイメージを送ってくれるプレビュー機能も、納得いくまで微調整してもらえるため十分役立ちします。

認印を作成する際は、ぜひ活用してみてください。

認印とは?他の印鑑との違い

認印とは?他の印鑑との違い

認印は、宅配物の伝票から契約書類に至るまで日常生活の様々なシーンで活躍する印鑑のことです。

つまり、普段の生活で使用する印鑑のことを認印と呼び、金融機関や自治体に届け出が必要な印鑑をそれぞれ「銀行印」「実印」となります。

各印鑑は、防犯や管理上の面からも重複して使用せず、1つずつ作成しておくことが重要となります。

認印 書類や契約書など日常生活で捺印が必要な場合に活躍
銀行印 銀行口座の開設の際に登録される印鑑で預金の出し入れに必要
実印 自治体に登録される印鑑で重要な契約書の捺印に必要

他にも印鑑には三文判やシャチハタと呼ばれるものがあります。

三文判は、100円ショップや文房具店などで購入可能な安価な印鑑のことを指し、認印・銀行印・実印を含むすべての用途に使用できます。

ただし、安価で大量生産されている印鑑のため字体がシンプルで偽造されるリスクが高いので、特に銀行印や実印での使用はおすすめできません

いっぽう、シャチハタは「シャチハタ株式会社」が製造する朱肉不要の印鑑のことであり、他社ではネーム印などの呼称で販売されています。

シャチハタも三文判の1種とされていますが、実印や銀行印用には使用できないとされています。

あくまで宅配物や回覧板の受領印といった使用目的に留め、契約書類などには使用しないことをおすすめします。

認印とシャチハタの違い>>

認印の種類

認印は、日常生活で大活躍の印鑑ですが、一口に認印と言っても実は認印には大きく分けて3つの種類があります。

一つ目は、三文判です。

三文判とは、これと言ったはっきりとした定義はないのですが、イメージとしては100円ショップや、文房具屋さんなどに売ってある、大量生産された安価な印鑑のことを指します。

三文判は、どこでもリーズナブルな価格で購入でき認印としても利用できるため、気軽に使用することができます。

三文判は、お手軽で便利ですが、その反面大量生産されているためセキュリティー性が低く、実印や銀行印として適さないのはもちろんのこと、重要な契約書などで使用するのにも適しません。

そのため、三文判は学生が使用する分にはそこまで問題はありませんが、会社に勤める社会人が使用するのは控えたほうが良いでしょう。

2つ目の種類はシャチハタです。

シャチハタとは、印鑑の一種で、内部にインクが内蔵されているため、捺印する際に朱肉をつける必要がなく、そのまま押すことができるタイプの印鑑です。

シャチハタは、朱肉をつける必要がなく、楽に捺印することができるため、郵便物の受け取りの際などに使用する認印として利用する人も多くいます。

また、100円ショップなどにも売ってあり、比較的安価に購入できるため、これまた非常に便利な印鑑ですが、シャチハタの印面の印影はコンピュータで作成しているため、三文判同様セキュリティー性が低く、使用目的には注意が必要です。

認印の3つ目の種類は、オーダーメイドした印鑑です。

一般的に、セキュリティー性を重視して、実印や銀行印をオーダーメイドする人は多くいますが、認印もオーダーメイドすることもぜひオススメします。

というのも、前述した通り三文判や市販のシャチハタを認印として使用することできますし、お買い求めやすく便利なのですが、やはりそれらの印鑑はセキュリティや耐久性が劣ってしまいます。

その点、認印をオーダーメイドすることによってセキュリティー性も高まると同時に、自分だけの印鑑のため愛着も湧くことでしょう。

しかし、「印鑑をオーダーメイドすると、値段が高くなるんじゃないの?」と、不安になる方も多いかもしれませんが、印鑑通販サイトなどを利用すれば低価格で印鑑を作成することができます。

確かに、三文判や市販の安い印鑑に比べれば割高ですが、印鑑通販サイトで購入すれば、実店舗で購入するよりも価格はリーズナブルです

また、実印や銀行印もセットで購入すれば、さらにお得に印鑑を作成することができます。

認印は、日常生活で最も使用する印鑑であるからこそ、何度でも捺したくなるようなお気に入りの印鑑をオーダーメイドすることをオススメします。

ライフステージ別 印鑑作成のタイミング

就職

就職

社会人として新生活をスタートすると、ビジネスシーンにおいても契約書や一般事務などで印鑑を押す機会が増えるので、この機会にオリジナルの認印を1つ用意しておくと良いでしょう。

自分好みのデザインで作成することで業務のやる気アップにもつながりますし、安価な三文判などと違って長期間使用することが可能です。

また、給与の振込口座を会社指定の銀行にて開設するケースも多く見受けられるので、銀行印の作成も必要となります。

就職した時>>

結婚

結婚

結婚した場合、女性は姓が変わるためこの機会に新たな姓で認印を作っておくと今後の生活で様々なシーンで必要になった際も安心です。

男性の場合は、今後、自動車やマイホーム購入などの場面で実印が必要になる機会も多くなるので、実印を一つ作っておくと良いでしょう。

また、夫婦用の生活費や貯蓄用として新たに口座を開設する人も多いので、その際は管理しやすいよう銀行印を作成しておくことをおすすめします。

結婚した時>>

妊娠・出産

妊娠・出産

子どもが誕生した際に、名前をカタチにするという意味で印鑑を作成する人が多くいらっしゃいます。

ちゃんとした印鑑を用意しておけば、子ども用の口座開設の際の銀行印としても利用することが可能です。

女の子の場合は、名前で作成しておけば結婚して姓が変わった後も利用することができておすすめです。

妊娠・出産時>>

認印の書体は決まっているの?

結婚

印鑑の種類としては、役所に印鑑登録している「実印」とそれ以外の「認印」に分けられます。

認印の使用用途は多岐に渡っており、仕事上の承認印や銀行に登録する銀行印といった重要性の高いものから、日々の郵便物受け取りに使う印鑑などがあるため、認印に使う書体が決められている訳ではありません。

基本的には自分の好きな書体、気に入った書体を使用して問題ありません。

ただ、銀行印などお金を扱うような重要性の高い印鑑の場合、偽造防止の観点からも読みにくい難しい書体を利用することがセキュリティの観点からもオススメとなります。

また、銀行取引において本人の信用度を鑑みても、重厚感のある書体が好まれています。

それ以外は特に明確な規定やルールが決められている訳ではないので、好きな書体を使用しましょう。

印鑑は、最低限のマナーやルールがあるので、TPOに合わせた使い分けを行う必要がありますので、認印を使用する相手に失礼の無いような書体を用いれば大丈夫です。

男女別おすすめの書体・サイズ

印鑑は信用を証明する意味合いもあり、書体・印影の大きさ・印鑑の素材・押印面の美しさなどは非常に重要であると言われています。

男性向け印鑑の書体やサイズ、女性向け印鑑の書体やサイズも用途に合わせて最適なものが存在しており、これを外すと場合によってはマナー違反となる恐れもあるためしっかりとした知識を持っておきましょう。

男性向けおすすめサイズ

まず、男性向けの認印について、サイズは力強さを印象付けるため大きめがおすすめとなります。

直径としては13.5mmや12.0mmが推奨されていますが、銀行印として用いる場合にはもうワンサイズ大きめの15.0mmや16.5mmといったサイズでも問題ありません。

認印としては運びやすさも重視されるため、通常使用なら小さめで十分と言えます。

女性向けおすすめサイズ

これに対して女性向けの認印は、エレガントな雰囲気や風格が重視されるため12.0mmや10.5mmといった小さめがおすすめとなります。

また、印面に書かれる名前ですが、男性は名字を入れることが一般的ですが、女性の場合は結婚して姓が変わってしまうため自分の名前を入れるケースが多いです。

男女別おすすめの書体

おすすめの書体

書体としては、男性の場合が印相体や古印体、女性は篆書体が人気となっています。

印相体は昔から縁起の良い書体と言われており、力強さが男性向けとされています。古印体は判読性の高い書体であるため認印として最適とされています。

篆書体は、象形文字から生まれたとされている書体であり丸みのある柔らかなイメージと相まって女性に人気となっています。

篆書体の文字を細くした細篆書体も女性に人気の書体となっており、細いため可読性があってより柔らかな印象を与えることから若い方向けの書体ともなっています。

相手に悪い印象を持たれない礼節のある書体・サイズの認印を利用することによって、高い信用度を相手に与えて人間関係やビジネスを一歩前進させることが可能になります。

認印の中でも銀行印を作る際には男女問わずセキュリティ性の高い吉相体を利用することがおすすめとなっています。

おすすめの認印まとめ

  サイズ 書体 特徴
男性向け 13.5mm〜12.0mm 印相体・古印体 大きめで力強いものが人気
女性向け 12.0mm〜10.5mm 篆書体 名前のみの記載が人気

男性の認印にオススメの素材

男性の認印にオススメの素材

認印は、日常生活はもちろんのこと、ビジネスの場でも用いられるなど、利用機会が多岐に渡ることから使用頻度が最も高い印鑑になります。

そんな認印ですが、男性が作成する際にオススメの素材は「チタン」です。

チタンは象牙や黒水牛といった天然素材とは違い、金属素材になります。

チタンは、メガネのフレームなどによく使われる素材ですが、近頃は認印をはじめとした印鑑の素材としても注目を集めています。

また、金属素材のため、クールでスタイリッシュな印象を持っており、他の素材に比べても、耐久性は非常に高く、錆びにくい上、朱肉の付きもいいため、見た目・機能性にも優れた素材です。

水洗いも可能なうえ手入れも簡単なので、よく利用しがちな認印にもぴったりです。

しかし、金属素材が故に価格も割高で機械でしか彫刻できないため、手彫りにこだわる人には適しません。

チタンは、好き嫌いがはっきり分かれる素材ですが、見た目も機能性も優れているので、長く使いたい人にはオススメの素材です。

一昔前までは象牙が耐久性および朱肉付きの面で優れた高級素材として人気でしたが、ワシントン条約に利用が縮小傾向にあることで、近年はチタンが人気上昇中です。

また、「黒水牛」も認印にかかわらず印鑑の素材として高い人気を誇っています。

黒水牛とは、その名の通り、黒水牛の角を使用している天然素材で、価格は基本的には象牙やチタンに比べるとリーズナブルな価格で購入可能です。

品質も値段によって様々ですが、漆で染め磨きしているため重厚感があり、認印の素材としては定番中の定番です。

しかし、乾燥に弱く、朱肉が付きにくいという短所もあるので、認印にはそこまでこだわりがなく、定番のものを選びたい男性にはオススメの素材です。

以上、男性の認印におすすめの素材は「チタン」と「黒水牛」でした。

女性の認印にオススメの素材

女性の認印にオススメの素材

認印は、回覧板や簡単な書類に確認したという証拠を残すために押印する普段の 日常生活でよく使用される印鑑です。

そのため、実印や銀行印とは違って人目に触れる機会が多いものであることから、特に女性とっては素材やデザイン選びが気になるところではないでしょうか。

女性の場合、認印の素材を選ぶにあたり、まず見た目を重視するか、耐久性を重視するかで印鑑の素材選びは異なってきます。

見た目重視で選ぶのであれば、「琥珀」という素材がおすすめです。

琥珀は、パワーストーンとしても使用される木の樹脂を固めて作った希少価値の高い天然高級素材です。

ただし、琥珀自体は耐久性が低いため、それに硬度の高い人工樹脂を混ぜて作られた素材を印鑑には利用されています。

見た目は、オレンジ色のマーブル模様が入った水晶のような見た目で宝石のような美しさがあり、暖かみのある雰囲気を持っているので琥珀の印鑑は優しい女性を連想させてくれます。

また、見た目が良いだけでなく、軽くて手にも馴染みやすい素材で捺印性も高いため、使い心地も優れた印材です。

しかし、先にも述べた通り琥珀自体の耐久性が低いため欠けやすい点と、希少性の高い素材のため値段が高くなってしまう点がデメリットとして挙げられます。

いっぽう、女性の認印の素材選びにおいて耐久性を重視する人にオススメの素材が「彩樺」です。

彩樺は、寒冷地にたくさん育っている木材の間伐材を再利用して使われているため、地球に優しいエコ素材として知られています。

また、見た目も木目が美しく、味わい深い雰囲気を持っており、印鑑通販ショップによっては黒・茶色・赤の3色から選ぶことができるバリエーションにも富んだ印材です。

さらに、彩樺はフェノールレジンという自動車部品などにも用いられる素材を結合材として使用し、高圧加熱処理が施されているため耐久性にも優れています。

彩樺は耐久性もクオリティーも高いわりには価格もリーズナブルで、琥珀に比べると手が届きやすく女性の認印としてオススメです。

認印は使用頻度が高い印鑑だからこそ、何度でも捺したくなるような自分好みの素材で作るのが一番です。

認印比較ランキング※最適な印鑑の選び方

ページトップへ戻る

企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ

Copyright (C) 認印比較ランキング※最適な印鑑の選び方 All Rights Reserved.